FC2ブログ

iPhone5s iphone5c 発売 前代未聞のバカ売れ - 『ネットビジネスで簡単に稼げる』の嘘?ホント。情報商材の見極め方!

iPhone5s iphone5c 発売 前代未聞のバカ売れ


iPhone5s iphone5c 発売 なぜバカ売れ?


iPhone5前代未聞の900万台売れ
mm4sdr5pアイフォン
アップルの、iPhone新モデルiPhone 5s」「iPhone 5c」が

2013年9月20日発売された。

ソフトバンクが1週目の販売台数ではトップにつけているが、その好調の理由

ダブルLTEが魅力」なのだそうだ。


今回から、ソフトバンクモバイルau に加え、新たにNTTドコモも取り扱いを開始し、

国内大手3社が出そろった形での、熾烈な三つ巴シェア争いに注目が集まっているが

家電量販店の、実売データ集計した「BCNランキング」によると

販売1週目は、ソフトバンクが当初の、苦戦予想をくつがえし、なかなか健闘しているようだ。



■「豊富なキャンペーンや、ネットワークのつながりやすさを、市場が評価した

ことによるが、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」を合わせたキャリア別販売台数シェアは、

ソフトバンクモバイルが、44.7%とトップにつけた。

2位に、ドコモ27.8%au僅差の3位27.5%と続いた。

さらに、機種別でもソフトバンクが、トップの座を守った。


iPhone 5s」に限ると、ソフトバンクのシェアは、45.9%にまでアップする。

一方のドコモ27.4%au26.7%だった。また、「iPhone 5c」に限った場合も

ソフトバンクモバイル38.5%)、au31.7%)、ドコモ29.8%)の順となっている。


ソフトバンクは、約2年前の「iPhone 4S」、1年前の「iPhone 5」に続いて

今回も首位の座をキープし「三連覇」した格好だ。



おおかたの事前予想では、これまで取り扱いのなかった、ドコモの新規参入により

ソフトバンクからの流出が、そうとう大きいだろうと、見なされていたが

ふたを開けてみると、一番苦戦が囁かれていたソフトバンクの善戦ぶりが際立つ。



あまり、専門家連中の予測も、あてにならないようだね。

まぁ、まだ商戦は火ぶたを切ったばかりだし、そもそも販売初日から

行列に並んででも、購入しようという行動をとれる、コアなファン層を抱えていたキャリア

善戦しているってことかな?



これから、年末にかけて、この順位がどう変動していくのか

注意深く見守っていきたいもんだ。

ちなみに、亀治郎としては、使ってもいない、iphone3G(旧い・・)を→experia Z1 にしたい!

と、目論んでいるところ。

はやく、国内販売スタートしてくれんかなぁ・・・。


って、ところで、時間となりました。

それじゃまたね、と

亀治郎は、去っていく。

*メールアドレス
名前(ニックネーム可)

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 『ネットビジネスで簡単に稼げる』の嘘?ホント。情報商材の見極め方! All Rights Reserved.